名義預金って何?

名義預金は税務調査で要注意事項

名義預金とは、預金の名義は、配偶者や子又は孫になっていても実質は、お金を出した人の預金のことです。

実質的に被相続人の預金なのに単に名義が被相続人以外になっているからといって相続税の申告に含めなかった場合に税務調査では問題になります。

あくまでも預金の名義は、第一義的には名義人のものと考えられますが、

相続調査においては、預金名義は「外見上の事項」程度、もっと言えば、参考程度の捉え方です。

その現金を実質的に管理し、実質支配・運用(使用収益権を行使)している人が真の所有者です。

 

判断のポイントは

@実質的に誰の管理下に置かれているのか

A実質的に誰が使用収益権をもっているのか

です。

 

 

 

▲このページのトップに戻る