遺言の撤回

遺言撤回自由の原則

遺言者は、理由のいかんを問わず、いったん有効に遺言をした後も、遺言の全部又は一部を自由に撤回することが出来ます

 

遺言というのは遺言者の生前の最終の意思を示すものです。一旦遺言は書いたけれども、気持ちが変われば、当然前の遺言は撤回することができます

ただし、遺言の撤回は、遺言の方式に従って行うことが求められますので、単に遺言を撤回するという意思表示をしただけでは、何らの効果も生じません

 

【民法1022条】

遺言者は、いつでも、遺言の方式に従ってその遺言の全部又は一部を撤回することができる

遺言撤回の方式

遺言撤回の方式

 

遺言の撤回は、民法に規定する遺言の方式に従って行うこととされています。

撤回される遺言の方式は、撤回の対象となる遺言と同じ方式である必要はありません

 

@前の遺言を撤回するという内容を記載する。

そしてもう一度いちから新たに遺言を作成する。

 

A前の遺言を撤回するという内容を記載+その後に新たにするという内容の遺言を作成する

 

B撤回遺言をせずに、前の遺言と抵触する新遺言を作成する(法定撤回)

 

実務上は、新たに遺言書を作成する場合には、@もしくはAで、いったん従前の遺言を完全に撤回(前条民法1022条)したうえで、遺言事項の全てを新たに記載しておくのが一番望ましいと思われます

 

前回の遺言書を撤回せずに、遺言書を再度作成すると、後の遺言が前の遺言と抵触している場合のみ撤回されたものとされます

 

【民法1023条】

(前の遺言と後の遺言との抵触等)

1.前の遺言が後の遺言と抵触するときは、その抵触する部分については、後の遺言で前の遺言を撤回したものとみなす
2.前項の規定は、遺言が遺言後の生前処分その他の法律行為と抵触する場合について準用する。

▲このページのトップに戻る